So-net無料ブログ作成

パンダがいる神戸王子動物園記1615 [動物園]

シロフクロウのヒナが誕生しています
  シロフクロウのヒナちゃんが1羽生まれ、元気に育っています。
  産卵日(卵を見た日で予想)から、ふ化日の予想を立てて観察しています、産卵は
  順調だったのですが、ふ化がうまくいってないようです。 
  卵の中身まではわかりませんが、無精卵なのでしょうか。

  1羽目のふ化日は、ほぼ予想通りだったので、5月21日にヒナちゃんに会えました、
  2羽目からは予想日を過ぎてもふ化していません。
  もう、5羽ぐらいふ化しているはずなんですが、未だ1羽しか見ません。
  お母さんフクロウは頑張っていますが、何ともならないようです。
  卵を巣から出したり戻したりの動きも、今年は特に多く、お母さんフクロウも気に
  している様子が伝わってきます。




  4月19日、
  巣作り、産卵の準備をしています。
 1615-01.JPG

  1個の卵を見付けました。
  24日には2個になっていました。
 1615-02.JPG


  4月25日、
  卵が増えてくると、巣を大きくしなくてはならないので、巣の中の土を出しています。
 1615-03.JPG


  4月30日、
  お母さんはなかなか動いてくれませんが、卵4個が確認できました。
 1615-04.JPG


  5月7日、
  卵7個を確認できました、その後1個増えて8個になっています。
 1615-05.JPG


  5月21日9時半ごろ、
  1羽目のふ化予想が20日か21日でした、20日には確認出来ませんでしたが、
  ふ化していないように見えたので21日に期待して観察。
  巣の側で卵の殻のかけらを見付け、ニコニコでした。
 1615-06.JPG

  待機、10分間ほどで、お母さんが何時ものように?胸元からポイッとヒナを出して
  くれました。
  ヒナは毛が乾燥して白くなっているので、昨夜に生まれたのでは?と思います。
  元気に動いていました。
 1615-07.JPG
 1615-08.JPG
 1615-09.JPG

  昼過ぎ、
  ヒナも見れたし、ぼちぼち帰ろうかと思いながら見ていたら、くわえたヒナを巣から
  出しました。
 1615-10.JPG

  巣から出したヒナを放置。
  ヒナは目も開いていないし、歩けないので、転げ、はうように動いています。
 1615-11.JPG
 1615-12.JPG
 1615-13.JPG

  巣から出されて35分ほど、巣の中に転げ落ちました。
  しばらく見ていましたが、お母さんは動かないのでヒナがどうなったのかわかりま
  せん。
  まだ歩けないヒナを巣の外に出して放置?するなんて初めて見ました。
 1615-14.JPG


  5月22日、
  ヒナがどうしているのか気になって見に行きました。
  変わらぬ元気で居ました。
 1615-15.JPG

  ヒナ1羽と卵7個を確認。
 1615-16.JPG


  5月26日、
  2羽目のふ化予想が25日か26日でしたが、ふ化していません。
  卵を出したり戻したりしながら、卵を見ています。
 1615-17.JPG
 1615-18.JPG

  卵7個は確認できました。
 1615-19.JPG


  5月27日、
  ヒナが食事中でした。
  ヒナの頭ほどの大きなエサを貰っていました、なかなか飲み込めませんが、時間を
  かけて飲み込んでいます。
 1615-20.JPG
 1615-21.JPG
 1615-22.JPG

  巣の中は見られましたが、ヒナが育って大きくなり、後ろの卵が見えず、数はわか
  りませんでした。
 1615-23.JPG


  5月28日、
  お父さんがヒナにエサを運んでいました、ヒナが食いついています。
 1615-24.JPG
 1615-25.JPG
 1615-26.JPG

  エサを貰って喜んでいるように見えました。
  大きなエサはまだ食べられないので、お母さんがちぎって与えています。
 1615-27.JPG
 1615-28.JPG

  この日も、卵6個に見えますが、確認できません。
 1615-29.JPG

  5月30日、
  ヒナが大あくびをしています。
 1615-30.JPG

  わたしは、近くに人が居ない時には、動物たちに話しかけることがよくあります。
  「ママ、赤ちゃんはどうなったの」と話しかけていました。
  お母さんが巣を出て、こちらに歩いてきました。
 1615-31.JPG
 1615-32.JPG

  おかげで、巣の中が見れて卵が5個になっているのがわかりました。
 1615-33.JPG


  5月31日、
  この日は卵5個を確認しました。
  7個有った卵は、2個無くなっていました、卵の殻の小さなかけらは何回も見ました
  から、ふ化しなかった卵はお母さんが処分したのでしょうか。
 1615-34.JPG
  この日以後、巣の中は見ていませんから、卵の数もわかりません。


  6月6日、
  巣の中は見れませんが、ヒナも1羽しか見ません。
  1羽のヒナは、お目々ぱっちりの元気なヒナの育ち、巣から2~30センチの近くを
  歩けるようになっています。
 1615-35.JPG
  可愛いヒナはたくさん居てほしいですが、暑い日本ではお母さんフクロウの負担が
  大きくなるので、2~3羽ほしいですね。
  これからどうなるのかわかりませんが、生まれたヒナは元気に育ってほしいです。






              明日が楽しい良い一日でありますように。


nice!(13)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域