So-net無料ブログ作成

パンダがいる神戸王子動物園記309 [動物園]

オマキザルと、フラミンゴに、赤ちゃんが誕生しています
   フサオマキザルの赤ちゃんが4月11日に続いて4月29日にも生まれています。
  今まで見てきた赤ちゃんはお母さんの背中につかまっていて、赤ちゃんは見えて
  いたのですが、このお母さんは初めての出産で、お腹に赤ちゃんを抱え込んで
  いて、あまり動かずに座っていることが多いので赤ちゃんが見えません。
  見れないと見たくなるもので、少し時間をかけて写してみました、でも、見るのも
  難しいものを写すのは大変でした。
  



   フラミンゴの今年1羽目のヒナちゃんが誕生しています。
  今年は少し遅く5月7日でした、2羽目は20日ぐらいを予想していますが、その後は
  次々に誕生すると思います。
  小さいヒナは可愛いですね。




   フサオマキザル
  5月1日、
  赤ちゃんが生まれていることに気付きました。
  お母さんがお腹に赤ちゃんらしいのを抱えて座っているのをチラッと見つけました、
  チラッとそれらしいのが見えただけでお母さんかどうかもはっきりはわかりません。
  しばらく見ていると、赤ちゃんの尻尾らしいものを触ったり舐めたりしているのを見
  付けました。
 1309-01.JPG

  50センチほど移動して座りました。
  赤ちゃんをお腹のところに抱えているのがはっきりしましたが、顔などは全く見え
  ません。
 1309-02.JPG

  立ち上がっても赤ちゃんはお母さんの胸の内です。
  1309-03.JPG
 1309-04.JPG

  やっと顔らしいのが見えて、写してみて顔だとわかりました。
 1309-05.JPG


  次の日も同じ状態です。
  1309-06.JPG

  赤ちゃんは見えなくても、周りには多くの仲間が集まっています。
 1309-07.JPG


  3日、
  お母さんの腕の間から、元気そうな顔が出てくるのが見えて、元気で動いている
  のがわかりました。
 1309-08.JPG

  何時も片手で赤ちゃんを支えていたお母さんが、両手で金網を逆立ち歩きをして
  います、赤ちゃんはしっかりつかまっているようです。
  1309-09.JPG

  赤ちゃんが少し顔を出してくれるようになってきました。
 1309-10.JPG


  5日、
  相変らずお母さんの胸に抱っこされて、背中におんぶのように顔が見れませんが、
  赤ちゃんが覗いてくれる回数が増えてきたようです。
 1309-11.JPG
  9日現在も同じ抱っこが続いています。
  抱っこがこんなに続くのは私には初めての体験です。
  赤ちゃんが見え難いので、お母さんそのものが
何処にいるのかがわかり難いです。



   フラミンゴ
  5月1日、
  8羽が抱卵中ですが、まだ1羽もふ化していません。
  1時のエサの時間にはエサを食べに行きたい親が居て、こんな状態になることが
  あります。
 1309-12.JPG


  5月6日2時ごろ、
  卵に穴が開いているのを見付けました。
 1309-13.JPG


  7日9時すぎ、
  うまくいけばヒナが出てくるのを見れるかなと思って早く来てみましたが、既にヒナは
  誕生していました。
  親が立ってくれるのを待つだけですがなかなか立ってくれません。
  親が羽を少し広げて空気を入れているようなしぐさです、ヒナが見えます。
 1309-14.JPG

  ヒナが親の羽の間から顔を出し始めました。
 1309-15.JPG

  フラミンゴミルクも与え始めましたが親は立ってくれません。
 1309-16.JPG

  1時のエサの時間がきてやっとやっと立ってくれました、最初に見てから4時間が
  たっています。
  こんなに長時間立ってくれないフラミンゴは初めてです。
 1309-17.JPG

  ヒナを立たそうと、親はクチバシでヒナの体を起こすように持ち上げたりするの
  ですが、この親鳥はほとんど何もせず3分半ほどで座ってしまいました。
 1309-18.JPG
 1309-19.JPG
  しばらく見ていましたが立ちそうにないので、この日は帰りました。


  9日、
  この日は2〇分ほど待っただけで立ってくれました。
  今日はヒナを立たせようとクチバシをヒナの体の下に突っ込んでいます。
 1309-20.JPG

  ヒナが立ち始めました、足元が少しふらついていますが一生懸命のようです。
 1309-21.JPG
 1309-22.JPG
 1309-23.JPG

  3~4秒間何とか立っていましたが、しっかり立てないまま座り込んでしまいました。
 1309-24.JPG
  今日は5~6回立ち上がるのを見ましたが、数秒しか立てませんでした。
  親が立ってくれないとヒナは練習ができません、この親は立つ回数も立っている
  時間も少ないように思います。
  ヒナちゃん頑張ってね。


  自分の卵の殻を食べています、殻も足を丈夫にする栄養の一つのようです。
 1309-25.JPG
  今年は寒い気候のせいか、まだ1羽しかふ化していません。
  たくさんの元気なヒナが誕生してくれますように。




               明日が楽しい良い一日でありますように。


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域