So-net無料ブログ作成

パンダがいる神戸王子動物園記307 [動物園]

オマキザルの赤ちゃんが誕生しています
   フサオマキザルの赤ちゃんが4月11日に誕生しています。
  早足で歩き回るお母さんの背中にしっかりつかまって、元気そうです。

  1999年10月生れのこのお母さん(トワさん)は、今回で6回目(双子が1回で7頭)
  の出産のようです。



   フラミンゴの巣作りが始まりました、10日には2羽が抱卵していましたが、1羽が
  卵を巣から落として割ってしまい、18日現在、抱卵は1羽です。



   アムールヒョウのオスが新しく来て、出ています。
  このオスの名前は、4月21日に来園した人が、動物園が決めた候補名に投票して
  決めるそうです。





  4月10日、
  出産前日、お母さんの大きなお腹です。
  1307-01.JPG


  4月15日、
  赤ちゃんが居るのを見つけました、11日に生まれた表示がありました。
  お母さんが走っているような早足で動きまわるので、赤ちゃんはいろいろな場所に
  つかまっています。
 1307-02.JPG
 1307-03.JPG
 1307-04.JPG

  顔が見えました、目も開いていて元気そうです。
 1307-05.JPG

  上を向いていた赤ちゃんの顔を、捻じ曲げるように自分の方を向けて見ている
  仲間のサル
 1307-06.JPG

  お母さんのお腹の所に居て、下を向いている赤ちゃんの顔を寝転んで見上げている
  サルもいます。
 1307-07.JPG

  赤ちゃんの周りには触りたい、見たい、仲間が寄ってきてます。
 1307-08.JPG
 1307-09.JPG
  お母さんが動き回るので写真もうまく撮れません、もう少し時間が経てば落ち着いて
  くれて、写真も撮りやすく、赤ちゃんももっと可愛くなると思います。

  

  4月10日、
  フラミンゴが巣作り、抱卵を始めました。
  2羽が抱卵していました。(5日には卵はまだ有りませんでした)
 1307-10.JPG


  15日、
  たくさん座っていましが、何羽が抱卵中かわかりません。
 1307-11.JPG

  1時のエサの時間です、座っていたフラミンゴたちはエサを食べに行きます。
 1307-12.JPG

  1羽が残っています、抱卵中です。
 1307-13.JPG

  この1羽はエサを食べに行かずに座って抱卵を続けていました。
  10日には2羽だったのに、もう1羽の卵が無くなっています。
  (落として割れたのだそうです)
 1307-14.JPG
  今日18日に行ってもこの1羽だけが抱卵中でした。
  これから次々と抱卵、ヒナ誕生が楽しみです。



  15日、
  アムールヒョウ、左側を歩いているのが新しく入ったオスです。
  右側が前からいるメスの「ポン」です。
 1307-15.JPG
  二世誕生が楽しみです。


   フサオマキザルの赤ちゃんを写しているときに、お腹の大きいお母さんがもう1頭
  いるのを見つけました、可愛い赤ちゃんがいつ生まれるのか楽しみです。





               明日が楽しい良い一日でありますように。


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域