So-net無料ブログ作成

パンダがいる神戸王子動物園記210 [動物園]

シロフクロウのヒナちゃんが誕生しています
  今年もシロフクロウのヒナちゃんが誕生しました、卵は7個あって、6月10日現在の
  ふ化したヒナちゃんは5羽です。
  早く生まれた大きい4羽は巣の中でお母さんの前に出てきて、元気で食欲旺盛、
  ガツガツ食べています。
  巣の外に出て歩きまわるヒナちゃんを見られるのももうすぐです。



  4月28日、
  巣でないところで卵を抱えています、お母さん想定外の産み落としのようです。
  表通りのような場所です、ベテランのお母さんでもこんなことが有るんですね。
  結局、飼育員さんが卵を近くの一昨年の巣のあったところに入れ直したそうです。
 1210-01.JPG


  2個目の卵は5月1日(産んだ日ではなく、私が見た日です)、3個目は5月4日と
  2~3日おきに1個産んでいきます。
  6個は12日に見た後、卵は見えても数は確認できず、7個確認は24日です。
 1210-02.JPG

  お母さんは抱卵中もせっせと巣を大きくしたり、手入れのため、くちばしで土や
  落ち葉を排出しています。
 1210-03.JPG

  5~6連発の大あくび、初めて見ました。
  子供を産むというのはシロフクロウでも大仕事なんでしょうね。
 1210-04.JPG


  5月31日、
  白いものをくわえているのを見つけました、卵の殻では?と思い、何としても見たい
  と思って、見えるまで待ちました。
 1210-05.JPG

  お母さんが巣から出てくれたので、巣の中を確認。
  生まれたて1羽(左)と1日前ぐらいに生まれたヒナ1羽(右)が見えました。
 1210-06.JPG

  お母さんが戻ってきました、10秒間ほどのお披露目でした。
 1210-07.JPG

  やっとヒナちゃんに会えたので他を30分ほど見て戻ってきたら、ヒナが顔を出して
  いるのが見えました。  
 1210-08.JPG


  6月1日、
  可愛いのが見たいので続けて行ってみました。
  お母さんの胸元にヒナが1羽、卵も見えます。
 1210-09.JPG

  突然、ヒナをくわえて持ち上げました、見せてくれたのでしょうか。
  胸元に小さいもう1羽がいるようです。
 1210-10.JPG

  同じ日、
  ヒナがエサをもらっています、喰いつくように食べ、ねだっています。
 1210-11.JPG
 1210-12.JPG


  6月4日、
  ヒナは3羽になっていました。
 1210-13.JPG
 1210-14.JPG


  6月7日、
  ヒナは大きくなっています、4羽は確認できました、大きい2羽は目もパッチリ開いて
  います。
  この日、巣の中は見れませんでした。
 1210-15.JPG
 1210-16.JPG
 1210-17.JPG

  同じ日、
  エサの時間の様子が見れました。
  食欲旺盛ガツガツ喰いついています。
 1210-18.JPG
 1210-19.JPG

  お母さんのエサの要求に、お父さんはせっせとエサを運んでいます。
 1210-20.JPG

  6月10日、
  一段と大きくなっています。
  お母さんの前と横にヒナは5羽います、顔だけ見えるのが前の両端2羽。
 1210-21.JPG
  巣の中にはまだ卵が2個残っているはずですし、これからの暑さと雨が大敵です、
  お父さんもお母さんもヒナちゃんも、みんな元気で頑張ってちょうだいね。


   フラミンゴのヒナも12羽に増え、可愛い可愛いと観客も多いです。





               明日が楽しい良い一日でありますように。

nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域