So-net無料ブログ作成

パンダがいる神戸王子動物園記207 [動物園]

パンダ「タンタン」の悲しい習性?
  タンタンが今年も偽出産の兆候でエサの竹を抱いているのを見ました。
  部屋の隅っこで竹を抱いているタンタンを見ていると、可愛いタンタンのファンとして
  は可哀相で涙が出そうになります。



  4月26日、天気が悪く、こんな日は人が少ないので見やすいだろうと予想して行って
  みました、予想通り人が少なかったのでねばって観察してみました。
  屋内の展示室奥の寝室に入って展示室になかなか出てきません。
  寝室の隅っこに顔が見えます。
 1207-01.JPG

  運良く?、4~5分待ったら出てきました。
 1207-02.JPG

  小さく切ったリンゴ?を食べています。
  (大きく切ったリンゴですと、自分の産んだ子のつもりで抱っこしてしまうから)
 1207-03.JPG

  エサの竹を掴んで舐めています。
  1207-04.JPG

  また寝室に戻ろうとしましたが扉を閉められて戻れません。
 1207-05.JPG

  観覧窓の近くで寝転んでしまいました。
 1207-06.JPG

  1分半ほどして、また動き始めました、エサの竹をくわえて運んでいきます。
 1207-07.JPG

  寝室出入り口の前に運んで食べ始めました。
 1207-08.JPG

  食べています。
 1207-09.JPG
 1207-10.JPG
 1207-11.JPG
  食欲もそこそこあるような食べ方です。


  2〇分ほど食べたとき、食べるのをやめ、少し様子が変わってきました。
  竹の先の葉を舐めたり抱くような感じに。
 1207-12.JPG


  細い竹2~3本をくわえて部屋の隅へ。
  竹を抱き始めました。
 1207-13.JPG
 1207-14.JPG

  抱っこする姿勢を変えたり、目を開けたり閉じたりしながら、しっかり抱いています。
 1207-15.JPG
 1207-16.JPG
 1207-17.JPG
 1207-18.JPG
 1207-19.JPG

  竹を持ち替えています。
 1207-20.JPG

  10分間ほどの抱っこを終えて隅っこを離れます。
  寝室の扉が開けられていたので、この竹をくわえたまま寝室へ入りました。
  寝室の扉は開いたままですが、タンタンは見えないので中で何をしているのか
  わかりません。
 1207-21.JPG
  こんな状態ですので見難いときもあります、早く普段のタンタンに戻ってくださいね。

  5月1日には、普段とあまり変わらないタンタンでしたが、まだ食欲は戻っていない
  ようでした。
  今日3日ぐらいにはほぼ元に戻っているのではと思っています、連休中に見に行こう
  と思っていますが、人が多く、ゆっくりの観察は無理だと思います。




   フラミンゴは抱卵が増えていますが、今年は巣から落ちて無くなっている卵が多く、
   推測産卵日が全くわからなくなりました、産卵日がわかればヒナちゃんに会える日
   が予測できるので、その卵を重点的に見ていれば見付けやすいのですが。
   1日現在、座っているのは多いですが、抱卵しているのは4~6羽のようです。
   連休明けぐらいに今年最初のヒナちゃんに会えればいいのですがね。



   シロフクロウが今年も抱卵を始めました、1日現在卵が2個ありました。
   5月末ごろには可愛いヒナちゃんに会えそうです。




               明日が楽しい良い一日でありますように。

nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域