So-net無料ブログ作成

パンダがいる神戸王子動物園記205 [動物園]

タンタンとニニーがカラスに襲われています
  パンダの「タンタン」が、また、ふれあい広場のラマ「ニニー」がカラスに襲われ、
  毛をむしり取られています。
  人が居ても柵の外ですし、柵の外から動物園の動物がびっくりしない程度の声では
  カラスは逃げません。

  また、パンダもラマも、人が蚊やハエが飛んできたとき程度の動きしかしませんから、
  実質被害を被っているのかはわかりません。

  動物たちは自然界の中で、直接生命にかかわらないようなことは、お互いに譲り
  合っているのかもしれませんがね。
  春恒例、「カラスの巣作りに協力」なんでしょうか。
  でも、加害者と被害者に見えますし、痛そうで可哀相に見えます。



  パンダ「タンタン」が食事後の時間、寝ています。
  カラスが毛をねらって近付いていきます。
 1205-01.JPG

  タンタンは気付いて目を開けていますが、ほとんど動きません。
 1205-02.JPG
  カラスはタンタンの後から狙うので、タンタンは寝返りしてむこうを向きました。

  やはり、タンタンから見え難いお尻の方を狙っています。
 1205-03.JPG

  タンタンが頭を起こしたのであわてて逃げます。
 1205-04.JPG

  また、近付いていきます。
 1205-05.JPG
 1205-06.JPG

  タンタンは足の毛を引っ張られたので、その足を上げました。
  カラスは逃げます。
 1205-07.JPG

  また、寄っていきます。
 1205-08.JPG
 1205-09.JPG

  収穫が少ないので(少しだけくわえています)、カラスは相談中?。
  このとき、観覧客の整理をしている警備員さんがカラスを追っ払うために騒いだので、
  カラスは退散しました。
 1205-10.JPG

  タンタンが起きているときは近付いてこないようですが、木の上からは見張っている
  ようです。
 1205-11.JPG
 1205-12.JPG
  タンタンは元気で動いていますが、食後は寝るので襲われます。
  警備員さんの話しでは、近くまで来て様子をうかがっているそうです。



  動物とこどもの国、ふれあい広場のラマ「ニニー」が一番狙われているようです。
  ニニーが立って動いているときはカラスが寄ってくるのを見たことがありませんが
  寝ていなくても、座り込んでいるときは何回もやられています。
  見に行く度に見ます、何日も、また、一日の内何回も。
 1205-13.JPG

  たくさんくわえると巣に運んでいきます。
  側に他の動物が居ても無視しているようです。
 1205-14.JPG

  また、来ています。
 1205-15.JPG

  運んでいきます。
 1205-16.JPG

  ふれあい広場の外、近くに巣があり、巣からニニーの行動が見える距離です。
 1205-17.JPG

  別の時間、また来ています、ニニーは動きません。
 1205-18.JPG
 1205-19.JPG


  別の日も来ていました、この時もニニーは追っ払うような動きはしません。
  ホロホロ鳥が数羽そばにいても変わりありません。
 1205-20.JPG
 1205-21.JPG

  くわえた毛が一杯になれば運んでいきます。
 1205-22.JPG
  動物園の中にはカラスの巣はたくさんあり、パンダに来るカラスとラマに来るカラス
  は別のカラスのようです。
  カラスがみなむしり取った毛で巣を作るわけでは無いでしょうからね、でも、毛は木の
  枝や葉っぱ、草より寝心地がいいでしょうから、子供のために頑張っているのでしょう
  かね。



   巣作りを始めたフラミンゴがいます、エサの時間にはエサを食べに巣から離れて
   なかなか戻らなかったりですが、巣は作り始めているので、間もなく本格化しそう
   です。




              明日が楽しい良い一日でありますように。


nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域